• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

防災ソリューション(立地診断、災害リスク評価、防災アドバイザリー、Bois/防災情報提供サービス)

防災ソリューションについて

令和2年7月豪雨 山形県最上川中流及び支流

近年、地球温暖化の影響による集中豪雨の増加など、自然災害の危険性が増しています。

特に風水害に関しては、大規模な被害が日本各地で発生し、施設の損傷や有害物質の流出による事業活動への影響が報告されています。

河川氾濫・津波・高潮・土砂災害など、様々な自然災害リスクを把握し、それぞれの立地条件に適した災害への備えが重要です。

国際航業では長きにわたり、国土交通省・各自治体に対して、ハザードマップの作成や防災計画の策定を行っております。

災害解析シミュレーション、災害リスクの評価など、防災に関するノウハウを持つ技術コンサルタントである弊社が、BCP策定・施設の防災対策・設計時のデータ整理など、様々なシーンでご利用いただける防災ソリューションをご提供します。

洪水浸水想定区域図(計画規模)
浸水深2~5mの
リスクありと想定
令和元年8月 九州北部大雨災害 佐賀県

ソリューションの特長

特長1国や自治体の防災業務の実績に裏付けされた、豊富なノウハウを生かしたサービスを提供

特長2ハザードマップの集約から詳細なリスク評価まで、ニーズに応じた形で提供が可能

特長3BCP策定や施設の防災対策に資する情報まで、様々なシーンや段階でご利用可能

利用シーン

SCENE1複数拠点の自然災害リスクを整理したい

防災対策を進めたいが、そもそもどの拠点が危ないのか?

国や自治体が提供する公開情報を収集・整理し、基本的な自然災害のリスクを把握。
日本全国に多数立地する自社拠点やサプライチェーンのうち、特に自然災害リスクの高い拠点をスクリーニングし、効果的なBCPの策定を支援します。

SCENE2重要拠点の浸水リスクを詳細に評価したい

ハザードマップでは浸水深1~3m…、何mに備えるべきか?

公開情報のバックデータを用いた詳細な読み解きやデータ整理、地形解析・シミュレーションにより、備えるべき浸水深など重要拠点の防災対策に資する情報をご提供します。

SCENE3施設の防災対策について、包括的なコンサルティングやアドバイスをしてほしい

そもそも浸水深とはどのように定められているのか?
設計時に必要なデータは何か?

ハザードマップや標高データなど、多数ある公開情報が何を示しているか、データの意味や災害リスクの考え方をわかりやすくご説明します。
また、社内資料と行政公開情報との齟齬や違いを確認し、より適切なデータの扱い方をコンサルティングいたします。

お問い合わせ

防災ソリューションに関するご相談・ご質問は、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-3288-5713

防災ソリューションホワイトペーパー

ホワイトペーパーでは、防災ソリューションやBCPに関連するトピックスを中心とした専門性の高いホワイトペーパーを提供しています。当社の防災ソリューションのコンサルタントや、専門家による知見を、サービス導入の際にご活用ください。

ニュース・お知らせ一覧を見る

イベント・セミナー情報一覧を見る

無料ウェビナー『不動産業界におけるDX推進~地図が改革する物件管理、営業支援、マーケティング、データ活用~ 』を開催します!

日時:2021年4月22日 15:00〜16:00 場所:Webセミナー

2021年最新版!Wi-Fi位置情報データを活用したマーケティング戦略!

日時:2021年1月20日 15:00〜16:00 場所:Webセミナー

地表面の変位を面的に捉える!変位計測セミナー~ 第4回 衛星SAR編~

日時:2020年12月15日 14:00〜15:00 場所:Webセミナー ※通信環境のよい場所でご視聴ください。
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら