• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら
  • 地図コンテンツAPI配信サービス PAREA-API トップ
  • レポートAPI

地図コンテンツAPI配信サービス PAREA-API

地図コンテンツAPI配信サービス PAREA-APIについて

PAREA-APIは、Web上のシステムに、統計情報・ポイント情報を提供する事が可能な各種コンテンツ情報のAPI群です。
貴社の業務システム(例:CRM、SFA、BI等)と連携し、活用の幅を効果的に広げることができます。

地図コンテンツAPI配信サービス PAREA-APIとは

PAREA-APIの主な特徴

PAREA-APIの主な特徴

PAREA-APIのご利用シーン

CRMでの活用

CRMでの活用

自社データと統計データを組み合わせることにより
・テリトリ内での自社シェアの把握に利用可能です。
・顧客分布を地域的な観点で確認ができます。
・CRMでの分析データを地図上に展開し、角度を変えた分析も可能です。

利用可能データ例

SFAでの活用

SFAでの活用

顧客分布 営業効率の見える化
地理的要因からみた効率把握・指導

BIでの活用

BIでの活用

BIでの分析結果に地理的要素を加え、
分析結果の把握、地域傾向の把握

利用可能データ例

業務システムでの活用

業務システムでの活用

マルチデバイスでの地図システム利用
分析結果のレポート自動生成

利用可能データ例

配信可能な地図・コンテンツについて

最新の地図・統計データを利用可能です。従量課金制のため、スタートアップ時に様々なコンテンツが必要な場合、安価かつ簡単にデータの利用が可能です。

区分 データ名称 提供形態 備考
標準 オプション
防災データ 活断層
地震発生時のゆれやすさ
液状化の可能性
標高
低位地帯
土地条件図
避難所・避難場所データ PAREA-Hazard
浸水想定区域(計画規模)
土砂災害危険度ランク(250mメッシュ) 提供エリアの制限有り
20万分の1土地保全図シームレスデータ
自然環境条件図、土地利用・植生図、災害履歴
土砂災害警戒区域 提供エリアの制限有り
津波浸水深(南海トラフ巨大地震)
自治体ハザードマップリンク集
地すべり防止区域 提供エリアの制限有り
急傾斜地崩壊危険区域 提供エリアの制限有り
災害危険区域 提供エリアの制限有り
洪水浸水想定区域(想定最大規模)
家屋倒壊等氾濫想定区域
統計データ 国勢調査 PAREA-Stat. Population forTown
経済センサス(事業所・企業統計) PAREA-Stat. Office forTown
昼間人口 PAREA-Stat. Population-OfficeLink forTown
年収世帯数 PAREA-Stat. Income. Light
商業統計 PAREA-Stat. Commerce forTown
将来推計人口
住民基本台帳(総人口・年齢別人口)
土地データ 細密数値情報(10mメッシュ土地利用)
第1時期(1977年~1974年) 第2時期(1979年~1982年) 第3時期(1984年~1987年) 第4時期(1989年~1997年) 第5時期(1994年~1997年)
旧版地形図・空中写真
地価公示
都道府県地価調査
用途地域 提供エリアの制限有り
相続税路線価 提供エリアの制限有り
施設データ 病院・医院データ PAREA-Medical
介護施設データ PAREA-Care
小中学校データ PAREA-School
公立小中学校校区・位置データ
施設POIデータ
チェーン店データ
駅POIデータ
駅出入口POIデータ
保育園・認定こども園データ
嫌悪施設データ
鉄道・バス停データ
歯科データ PAREA-Dental
環境データ 気候データ 気温、降水量等の観測所、降雪の観測地点
土壌汚染の可能性
交通データ 駅乗降客数データ
駅・沿線データ
道路データ PAREA-Road
境界データ 町丁目・字界 PAREA-Town

近日リリース

予定 人流データ(Wi-Fi人口統計)
SDGsデータ 提供エリアの制限有り

データは一部です。詳しくはお問合せください。

PAREA-APIのラインナップ

PAREA-APIでは、ご利用頻度や組み合わせの多いAPIを組み合わせたパッケージをご用意しています。

・地図タイル API
・REST API
レポート API

REST API/地図タイル API

REST APIとは?

属性情報を返すAPIです。
緯度経度などの空間情報から属性情報を検索し、様々な情報を取得することができます。 システムに組み込みやすいjsonまたはxml形式で情報を返します。

地図タイル APIとは?

属性情報をもった画面キャプチャを返すAPIです。
ある条件(縮尺・データ)で作成された画面データを、希望の位置情報に沿って取得する事ができます。

レポート API
レポート API

詳しく

レポートAPIは、指定した地点の防災、周辺施設、統計情報など様々な情報をレポート形式にまとめるものです。API配信により自社システムでのレポート作成を可能にします。本サービスでは様々な業界・ニーズ毎に合わせたレポート形式を構築する事が可能です。

レポート API

土地に関する情報のまとめ、地震発生時のゆれやすさ、活断層、液状化の可能性、浸水の可能性(標高)、避難場所、 避難所、土地の履歴(航空写真、土地利用)

導入によるメリット

導入によるメリット

価格・利用方法

価格、利用方法については、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-6362-5000
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら