• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

美容室の経営に商圏分析を用いてターゲットに適した運営をする3つの方法

美容室の経営を成功させる重要なポイントは商圏分析にあります。
商圏分析でターゲットを把握し、お客様がたくさん来店されるトップ美容室を目指しましょう。

商圏分析により地域の人口の男女比・年齢を把握したら、価格や割引を設定する際の参考になりますよ。
他にも美容室の開業・経営に役立つ商圏分析の活用方法をご紹介します。

美容室の経営に商圏分析を用いてターゲットに適した運営をする3つの方法

■出店する際には出店候補エリアの商圏分析を行うことが成功への鍵

美容室を出店する際にはまず複数の候補地を挙げ、その中から自分の美容室に合う地域を選ぶ必要があります。
半径1km、2kmなど「お店を出して集客できる範囲」を決めていろいろな情報を分析します。

商圏は出店する場所によっても範囲が異なり、都市部よりは車で移動する地方の方が範囲が広くなる傾向にあります。
また、同じ半径1kmでも、人口が多く交通の便の良い場所の方が、お客様も集まりやすいといえます。

商圏分析で分かるのは下記のようなデータです。

*人口分布(男女計・男女別)
*年齢別人口構成(男女計・男女別)
*昼間人口・夜間人口
*商圏内の駅の乗降客数
*商圏内世帯特性
*商圏内居住者特性

上記のデータを出店場所の決定や経営の戦略に活かしましょう。

例えば、高価格でラグジュアリーな美容室を出店しようとしているのに、ファミリーが多い一般的な住宅地に出店するのは得策ではありません。
逆に家族ぐるみで通える親しみやすい美容室を目指すのに都心のビル街に出店してもコンセプトに合いません。
人口だけでなく、商圏内の居住者のだいたいの所得層や特性を知る必要があります。

経営を成功させるためにはなんといっても立地が大切です。
商圏分析を活用して、自分のコンセプトに合う美容室の顧客になりえる人が多く住んでいる地域を選び出しましょう。

■商圏分析でターゲットを把握しニーズを知れば経営に活用できる

商圏分析でターゲットを把握しニーズを知れば経営に活用できる

美容室経営で商圏分析を活かすポイントはたくさんあります。

例えば

【人口の男女比】
商圏内の人口の男女比を知ることにより、より美容室に来店する可能性のあるお客様に合わせた内装、メニューを充実させることができます。

【年齢別人口構成】
商圏内に20代の人が多いか40代の人が多いかでも価格や割引を設定する際の参考になります。
美容にお金をかけられる20代の働く女性が多いのであれば少し高価格でもヘアケアに力を入れた満足できるメニューを。
40代以上の主婦が多いのであればメニューにエイジング対策を盛り込み、高価格に設定しても割引でお得感を出すなどの戦略を考えることができます。

■商圏分析で競合美容室との差別化を図り厳しい競争に勝つ

商圏分析で競合美容室の調査をすることも戦略を立てる上で大切です。
競合美容室をリストアップしたら、

*コンセプト
*ターゲット
*強み
*価格帯
*メニュー
*口コミ・評価

等の情報を各店舗毎にまとめてみましょう。

さらにそれらの情報をもとに自分の美容室と競合美容室の差別化を図る作戦を練ります。

例えば、

*自分の美容室だけの強み(接客の充実など)
*他の美容室にはないサービス(業界最先端のサービスなど)
*自分の美容室だけの専門性(オーガニックにこだわるサービスなど)

を打ち出していけると良いですね。

開業から3年以上経営できる美容室は10%とも言われています。
生き残ることも難しい業界で成功していくためには商圏分析が重要となってきます。

商圏分析からターゲットのニーズに合わせたサービスを打ち出し、他店との差別化を図ることで、お客様がたくさん来店してくださる美容室となるでしょう。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら