• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

商圏分析で扱う商圏には2つの種類がある。実商圏と想定商圏、仮想商圏とは?

エリアマーケティングでは、自店舗の商圏をしっかりと設定し、その範囲内を分析することが大切です。商圏分析ができているかいないかで、エリアマーケティングの効果は変わってきます。
上述したように、商圏分析では商圏を定めることが大切。ここで注目すべきは、商圏には2つの種類があるということです。それぞれ実商圏、想定商圏、仮想商圏と呼ばれていますが、この2種類の商圏にはどういった違いがあるのでしょうか。
今回は、異なる2つの商圏、実商圏と想定商圏、仮想商圏についてご紹介します。

商圏分析で扱う商圏には2つの種類がある。実商圏と想定商圏、仮想商圏とは?

■実商圏と想定商圏、仮想商圏の違い

商圏を考えるとき、実商圏と想定商圏、仮想商圏の違いは重要なポイントです。この違いを認識して商圏を考えなければ、思うように商圏分析の効果は出ないでしょう。実商圏と想定商圏、仮想商圏の違いは、以下の通りです。

・実商圏
一般的にイメージする商圏は、実商圏であることが多いでしょう。
実商圏は、実際に店舗に来店している方から得られた情報で設定します。例えば来店時のアンケートや、会員カードの情報などが用いられます。実際に店舗に来店しているという実績があるため、商圏としての信頼度は高く、実在商圏ともいわれています。

・想定商圏、仮想商圏
実際に来店している方からの情報を元に設定される実商圏とは異なり、想定商圏、仮想商圏は仮想的に設定された商圏です。オープン前の店舗の商圏を検討する場合や、新規出店のエリアを検討する場合など、顧客からの情報が得られない場合に設定される商圏です。
想定商圏、仮想商圏の設定は、非常に機械的です。店舗や出店予定地を中心に一定の範囲で円を描き、拡大要因や縮小要因に合わせて商圏の形を変えていきます。

営業中の店舗の商圏分析を行う場合は、実商圏で考えるほうが正確な商圏を描けます。新規出店地の選定など営業中の店舗がない場合や、大まかな商圏をすばやく設定したいという場合には、想定商圏、仮想商圏を用います。また、デリバリーや宅配など店舗側で対応可能範囲を設定する業態の場合には、想定商圏、仮想商圏がそのまま実商圏になるケースもあります。

■どちらの商圏も、商圏分析ツールを活用することで簡単に整理・分析ができる!

どちらの商圏も、商圏分析ツールを活用することで簡単に整理・分析ができる!

実商圏にしても想定商圏、仮想商圏にしても、手動で設定するのはなかなか骨が折れます。例えば実商圏は顧客から集めた情報を元にして設定しますが、集めた情報を実際に反映させて分析をするとなると、手動では時間がかかります。
そこでおすすめなのが、商圏分析ツールの活用です。商圏分析ツールを利用すれば、入力した情報が自動的に整理され、商圏をすばやく設定できます。効率よく商圏分析を進めたいのであれば、商圏分析ツールの導入がおすすめです。

商圏分析ツールは、当社でも提供しています。実商圏や想定商圏、仮想商圏の設定など、商圏分析を効率よく行いたい場合には、ぜひ導入をご検討ください。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら