• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

より高精度なエリアマーケティングのために

ビジネスを展開する上で、対象となるエリアがどういった特性を持っているのかを把握することが極めて重要です。そうしたエリアマーケティングを行う上で必要となるのは、もちろん各種のデータですが、そのデータを活用するには可視化がキーとなってきますが、どうすればそれが実現できるのでしょうか。

その答えがGoogle Maps Platformを応用した高精度なエリアマーケティングです。ここでは例を挙げながらGoogle Maps Platformを使ったソリューションについて見ていきます。

より高精度なエリアマーケティングのために

■地図上に表示させたデータで多角的な分析が可能になる

地図上に表示させたデータで多角的な分析が可能になる

エリアマーケティングが活用できる場面は多岐に渡ります。たとえば年齢や男女といった会員データやPOSデータ、ポイントカード情報などを活用して、対象となるエリアの地図への落とし込み、実勢商圏を把握することや、チラシなど紙媒体の配布地域を地形データや集合住宅など物件の所在分布と併せて選定するケース。

あるいは競合店の出店状況を把握して、自社の強みが発揮できるエリアを導き出すケースなどがそれにあたります。その際に威力を発揮するのが地図上でデータを連携して表示し、多角的に分析が可能なソリューションです。

■馴染みのあるGoogle Mapに各種のデータを連携させる

Google Maps Platformを使えば、元となるデータをニーズに合わせて地図と連携することが可能となり、地域の市場としての特性や成長性、そこに住んでいる人の消費動向やライフスタイルを可視化することが可能となるのです。

またGoogle Mapが持つ地形表示機能やストリートビュー機能、交通状況のリアルタイム表示機能を活用することで、その応用の幅は大きく広がります。

たとえば、地形や時間帯別の交通状況を把握できれば、集客したい拠点(店舗など)に徒歩や自動車、あるいは公共交通機関を使って、どのくらいの人が来店してくれるかの予測を立てることができるでしょう。

Google Maps Platformが持つアドバンテージとして、それらを可視化できるだけでなく、多くのユーザーが馴染みのある地図プラットフォームである点が挙げられます。

そんなGoogle Maps Platformを使った数多くのソリューションを提供しているのが、私たち国際航業株式会社です。

Googleプレミアムパートナーとして、業種を横断したさまざまな顧客企業のニーズに寄り添い、より精度の高いエリアマーケティング実現のために支援をしてきました。

Google Mapのカスタマイズだけでなくデータを基にしたクロス集計やグラフ化でもご要望に応えています。Google Maps Platformを使ったより高精度なエリアマーケティングを目指される際には、ぜひ国際航業にお任せください。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら