• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

ビジネスに差が出る! 商圏分析の利用シーンと魅力とは?

マーケティングにおいて、商圏分析は重要な工程のひとつです。商圏分析をしっかりと行うことで、より効果的なマーケティングを行うことができます。今回は商圏分析がどういったものか、どのようなシーンで活用できるかについてご紹介します。

ビジネスに差が出る! 商圏分析の利用シーンと魅力とは?

■商圏分析とは?

商圏分析とは?

商圏分析は、エリアマーケティングにおける分析手法のひとつです。
商圏は店舗に集客ができる範囲のことで、店舗からの直線距離を半径として円状に設定したり、川や橋などの地理的な阻害要因を考慮して任意の形状で設定したりします。

商圏内の人口や男女比、家族構成、分布、市場規模などを知ることで、商圏内の収益性を知ることができます。こうした商圏内の分析を行うのが、商圏分析なのです。

商圏分析を行うことで、商圏内の状況を詳しく知ることができ、より効率的にビジネスを進めることができるようになります。

■商圏分析が活用できるシーン

上述したように、商圏分析を活用すれば効率的にビジネスを進めることができます。では、具体的にどういったシーンで商圏分析が活用できるのでしょうか。以下に、代表的な活用シーンについてご紹介します。

・新規出店や施設の統廃合
新規店舗の出店を計画する場合、出店候補地をいくつか絞り、その中から選ぶこととなります。候補地を絞る際にはどれだけの利益が見込めるか、その採算性を検討することが大切です。その際に、商圏分析が役に立ちます。各候補地に対して商圏分析を行い、その地域の特徴と自社の特徴やターゲット層などを照らし合わせることで、最適な出店地が選べます。既存店舗を統廃合する場合にも、商圏分析を活用することで最適な候補店が選べます。

・広告での販促
チラシなどの広告は、店舗の集客に大きな影響を与えます。しかし、こうした広告はタダで作れるというわけではないため、闇雲に配布していると広告費用がかさみ、費用対効果が低くなることが考えられます。広告を配布する場合には、適切な量とエリアを検討しなければいけません。
こうした配布する量やエリアの検討に、商圏分析が役立ちます。商圏分析では商圏内の人口や男女比、年齢層、分布などがわかるので、どこのエリアにどれだけ配布すればいいのか検討しやすくなります。

・営業エリアの検討
事業所からどのエリアまでを営業の範囲とするか、各営業担当がどれだけの範囲を担当するのかなど、営業エリアについてはよく検討しなければいけません。営業も広告と同じく、やればいいというわけではないのです。こうした営業エリアについても、商圏分析を活用することで効率よく決めていくことができます。

今回ご紹介したように、商圏分析はビジネスのさまざまなシーンで活用することができます。効率よくビジネスを進めるためにも、商圏分析は欠かせない存在だといえます。

商圏分析は人力で行うこともできますが、扱うデータや作業量が多いため、多くの工数を割かなければいけません。そこでおすすめなのが、商圏分析ツールです。

商圏分析ツールを使えばさまざまな分析作業をコンピュータに任せることができるので、正確性を高めるとともに工数を削減することができます。当社でも商圏分析ツールを提供しているので、エリアマーケティングについてツールの導入をご検討でしたらぜひ国際航業にご相談してください。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら