• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

商圏分析で威力を発揮するGoogle Maps Platform

Googleが提供しているGoogle Maps Platformを使えば、Googleマップが持つ経路検索機能や位置表示、ストリートビューといった基本機能に加えて、商圏分析といった企業が行う高度なマーケティング活動にも活用できます。
ここでは、どのようにして商圏分析にGoogle Maps Platformが応用できるのかについて見ていきます。

商圏分析で威力を発揮するGoogle Maps Platform

■データの可視化を可能にするGoogle Maps Platform

データの可視化を可能にするGoogle Maps Platform

企業活動をする上では、商圏分析がビジネスの成否を分ける場面も多くあるはずです。
たとえば、飲食店チェーンなどを経営している場合、出店や退店をどのように進めるか、そのプランを策定する上では、対象となる地域に「どのような年代の人が何人住んでいるか」、あるいは「半径〇〇〇mエリア」、「M1、F1」といった男女のセグメント別の居住人口などから分析することが重要です。

それらのデータを単一もしくはクロスして分析することによって、より正確な商圏の実態を把握し、出店や退店の計画を練り上げることができます。

一方で、そうした生のデータは、Excelなどで管理するだけでは、充分に活用できているとは言えません。データを実際の地図に落とし込み、可視化した上で共有し、より多角的な検証ができてこそ、データが生きてきます。

Google Maps Platformを使えばまさにこの可視化が可能となり、高精度な商圏分析に活用することができるのです。

■商圏分析で威力を発揮する国際航業のソリューション

そのGoogle Maps Platformを使ったソリューションを提供しているのが、Googleプレミアムパートナーでもある国際航業株式会社です。

当社では、商圏分析に活用できるGoogle Maps Platformのカスタマイズを実施したソリューションを数多く導入してきただけでなく、商圏分析を行う上での統計データを提供している、独立行政法人統計センター様にもGoogle Maps Platformを元にしたソリューションを導入しています。

独立行政法人統計センター様は、国勢調査や産業に関する各種統計など、国の現況や体力が分かる大量かつ多様なデータを管理・運営し、広く社会に公開する業務を担っています。

そのデータは一般企業の商圏分析でも広く利用されており、当社では、Googleマップの地図機能、航空写真、地形表示ストリートビューといった基本機能に加え、クロス集計やグラフ化も可能にし、より可視化されたデータ分析ができるソリューションとして提供しています。

1947年の創業以来、一貫して国土情報を取り扱い、海から空、宇宙までさまざまなフィールドにおける「空間情報サービス」をご提供し続けてきた実績を持つ当社に、ぜひGoogle Maps Platformを活用した商圏分析に関するソリューションをお任せください。

Earth Finder Plus

前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら