• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

将来の人口を考えた商圏分析とは? 今後のエリアマーケティングのために

新規で店舗を出店しようと考えたとき、きちんと商圏分析を行うことがその後のエリアマーケティングを左右します。商圏分析で大切なのは、現在のエリアの状況を知るだけでなく5年後や10年後を予測して店舗の継続性を検討することです。将来の人口予測データなどがあれば、長期的に安定した経営につながるエリアマーケティングが可能です。ここでは、なぜ将来を見越した商圏分析が大切なのか、そのデータはどのようにして算出するのか、そして具体的な導入方法についてご紹介します。

広告配布するなら商圏分析は必要! ニーズのあるエリアへ配布する方法

■長く続けるために! 事業の将来性を占う商圏分析

店舗を出店する際は、その立地でどれくらいの顧客が見込めるのかを見極める商圏分析が必須です。商圏分析を行うことでそのエリアの人口、男女比、年齢層、1人あたりの顧客単価、競合店、交通機関などを知ることができます。ただし、現在の商圏分析だけでは短期的な情報しか知ることができないため、将来の人口予測なども含めた商圏分析を行うことが大切です。

商圏分析をして似たような結果が出たふたつの地域があった場合、5年後や10年後も同じ条件で店舗運営ができるとは限りません。人口動態を見て移動率が高かった場合、数年後にはターゲットとしている年齢層が激減するということも十分にあり得ます。将来を見据えた商圏分析を行っていれば、ターゲット層の流出が少ない地域を分析することが可能です。また、時期に合わせた的確なエリアマーケティングを実施することもでき、長期的に安定した店舗運営につながります。

■商圏分析に必要な「推計データ」を活用

商圏分析に必要な「推計データ」を活用

自身の店舗の将来性を左右する商圏分析には、判断基準となるデータが必要です。商圏分析は、主に統計データと推計データを用いて行われます。

統計データは、総務省統計局により「客観的なデータを一定の方法でたくさん集め、数値を用いて、社会全体がどのような姿をしているかを明らかにするもの」と定義されています。商圏分析においては、主に現在のエリアマーケティングに活用されます。最も重視されるのは、国勢調査に代表される官公庁発表の統計データです。

統計データを組み合わせ、その他の要因を反映させるなどして分析・推定したものが推計データです。将来推計人口や推計昼間人口などがあり、国勢調査などでは分かりづらい将来のことや時間ごとの情報、その他顧客に関わるさまざまな数値を知ることができます。推計データをいかに活用して商圏分析を行えるかが、長期的なエリアマーケティングの成否を問うことになります。

■戦略的に出店しよう

将来を見据えた商圏分析を行うには、どれだけ多くのデータをどう活用できるかが重要です。現在は多くの統計データや推計データがインターネットで参照できますが、それを活用して的確な分析を行おうとすると労力やスキルを要します。商圏分析を支援するツールを導入すれば、多くのデータを地図データとともに参照・分析することができ、効率のいいエリアマーケティングにつなげることが可能です。

効率よく精度の高い商圏分析をするには、当社の商圏分析支援ツール「Genavis 商圏分析」をご検討ください。国土情報を長年取り扱ってきた実績から、地図情報を最大限に活用し将来性を考えた商圏分析をサポートいたします。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら