• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

広告配布するなら商圏分析は必要! ニーズのあるエリアへ配布する方法

店舗を経営する上で、販促は非常に重要な作業です。そんな販促方法のひとつに、広告配布があります。広告配布は最も広く行われている販促方法ですが、配布するエリアをしっかりと見極めなければ広告宣伝費に見合った効果を得ることはできません。
エリアマーケティングは、こうした広告配布エリアを決めるためにも有効に活用できます。エリアマーケティングで行う商圏分析は地域の情報を細分化して分析するため、広告配布に適切なエリアを選ぶことができます。
そこで今回は、エリアマーケティングの商圏分析を活用した効果的な広告配布についてご紹介します。

広告配布するなら商圏分析は必要! ニーズのあるエリアへ配布する方法

■広告配布を効果的に行うために

広告は、とにかく数を配ればよいというわけではありません。広告を作成するには印刷代などの費用がかかり、数が多くなればそれだけ費用も大きくなります。それだけの費用や労力に見合った宣伝効果が得られなければ、赤字となって経営を圧迫することとなります。
広告配布を効果的に行うために最も重要なことは、広告を配布する対象をしっかりと選ぶことです。例えばポスティングの場合、一人暮らしの家にファミリー向けの広告を入れても宣伝効果は限りなくゼロに近いといえます。男性の一人暮らしの家に女性向けの広告を入れても、同じく宣伝効果は薄いといえます。こうした無駄な広告配布を避けるためにも、配布する対象はしっかりと選ぶ必要があります。

■商圏分析を活用した効果的な広告配布

商圏分析を活用した効果的な広告配布

エリアマーケティングで活用されている商圏分析は、新規店舗の出店エリアを決める場合などでよく利用されます。その地域の人口の男女比率や年齢の分布、世帯の家族構成、競合店舗の数などを細かく分析し、新規出店に適したエリアかどうかを判断します。
広告配布においても、この商圏分析が役に立ちます。地域の男女比や年齢の分布、世帯の家族構成などは広告の配布対象を定める指標としても重要なもので、これを知ることで無駄な広告の配布を抑えることができます。また、広告配布による顧客獲得率を記録していけば、獲得率が高いエリアと低いエリアを見分けることができます。こうした広告配布後のレスポンスによって広告の配布量を調節することで、費用対効果が高い広告配布を行うことができます。

エリアマーケティングで利用される商圏分析は、広告配布においても高い効果を発揮します。しかし、商圏分析は膨大なデータを活用するため、商圏分析自体に時間がかかってしまうことも考えられます。そこでおすすめなのが、商圏分析ツールの導入です。
商圏分析ツールを導入すれば、データを入力した後の計算やグラフ表示などはツールで自動的に行うことができます。これによって商圏分析にかける時間は大幅に短縮することができ、時間を有効に使うことができます。商圏分析ツールを導入する際には、ぜひ当社のツールをご検討ください。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら