• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

エリアマーケティング・商圏分析のツールを導入後はまず何をすべきか?

特定エリアに特化した効率的な営業活動を考えた場合、商圏分析を用いたエリアマーケティングは欠かせません。エリアマーケティングをしっかりと行うことで、現在の経営だけでなく新規出店など今後の戦略に関しても効率的に検討することができます。
エリアマーケティングや商圏分析は扱うデータが非常に多くなることから、ツールを活用することが多くあります。こうしたツールは導入時点から活用することができますが、いくつか作業を行うことでより高い効果を発揮します。
そこで今回は、エリアマーケティング・商圏分析のツールを導入した後に行うべき作業についてご紹介します。

エリアマーケティング・商圏分析のツールを導入後はまず何をすべきか?

■ツール導入後に行うべき3つの作業

エリアマーケティング・商圏分析のツールを導入した後は、主に3つの作業を行うことでツールを効果的に活用することができます。

1つ目は、既存の顧客データをツールに取り込むことです。近年はさまざまな店舗でポイントカード会員やWeb会員といった会員制度が導入されているため、顧客情報は確認しやすいといえます。来店頻度や購入額などをツールに取り込むことで、エリアマーケティングや商圏分析に活用することができます。
2つ目は、アンケート調査や市場調査など自社で保有する独自データを反映させることです。エリアマーケティングや商圏分析のツールには、国勢調査など公的に行われた調査のデータが組み込まれています。こうしたデータによって、エリア内の人口や男女比、世帯数などを把握することができます。これに加えて、自社の独自データを活用できればより特化した分析が可能です。
3つ目は、タイミングを考慮した戦略の検討です。国勢調査などの公的なデータは、一定の周期で更新されます。例えば国勢調査の場合、5年毎の更新となっています。そのため、現在立てている戦略は少なくとも5年間しか活用できないのです。こうしたデータの更新に合わせて戦略を立てることが大切です。

■ツール利用者への教育も大切

ツール利用者への教育も大切

エリアマーケティング・商圏分析のツールを導入しても、それをうまく扱える人がいなければ活用することはできません。そのため、ツールを導入する際にはエリアマーケティングや商圏分析についての知識や、ツールの利用方法を学ぶ必要があります。
エリアマーケティング・商圏分析のツールは、主にマーケティング担当者が利用します。そのため、少なくともマーケティング担当者はしっかり理解しておく必要があります。

エリアマーケティングや商圏分析をしっかり行うためには、ツール導入後の作業が重要となります。これからツールを導入するという場合には、しっかりと確認しておきましょう。
エリアマーケティングや商圏分析のツールはさまざまであるため、どれを導入すべきか悩むことがあるかもしれません。もしもツールの導入について悩んでいる場合は、当社のツールをご検討ください。導入から実際の運用までしっかりとサポートしますので、安心してご利用いただけます。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら