• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

ターゲットエリアの顧客データを把握しやすくなる! 商圏分析の活用方法について

商圏分析では、店舗に集客することができる範囲である商圏の人口や男女比率、市場規模などを分析します。こうした分析結果などからそのエリアでの最適な売り方を模索することを、エリアマーケティングといいます。エリアマーケティングをしっかりと行うことができれば、店舗の集客率は高まり、利益も向上します。
こうしたエリアマーケティングや商圏分析を行う際には、顧客データを活用することでさらに効果的なマーケティングを行うことができるようになります。ここでは、顧客データを活用した商圏分析による効果的なエリアマーケティングについてご紹介します。

ターゲットエリアの顧客データを把握しやすくなる!商圏分析の活用方法について

■店舗の影響力が強いエリア・弱いエリアの判断

ターゲットエリアの顧客データを把握しやすくなる!商圏分析の活用方法について

店舗を運営していく上で、その店舗の影響力が強いエリアと弱いエリアを知ることは重要です。影響力が弱いエリアに積極的に販促を行うことで、さらに顧客を増やすことができるかもしれません。そうした強いエリア・弱いエリアを知るために、顧客データを活用した商圏分析が役立ちます。
顧客の住所や来店回数、購入金額などを地図上にマッピングすることで、お客様がどこから来ているのか、どれだけの売上につながっているのかを視覚的に確認することができます。さらにそのエリアの人口など地域のデータと組み合わせることで、エリアごとの顧客率や売上の比率などを算出することができます。これにより、それぞれのエリアへの店舗の影響力を測ることができるのです。

■店舗間の適切な住み分け

新しく店舗を出店する場合や統廃合を行う場合などは、店舗間でカニバリゼーションを起こさないように配慮しなければなりません。カニバリゼーションとは商品や店舗で顧客を奪い合う現象のことです。この場合も、顧客データを活用した商圏分析が有効です。
店舗の顧客データを地図上に反映することで、その店舗の顧客がどのエリアに分布しているのかを把握することができます。カニバリゼーションを起こさないように出店するには、この分布が重複しないエリアに出店します。エリアの分布が大きく重複している店舗があった場合は、統廃合の候補となります。
こうした顧客の分布を把握することは、チラシをどこのエリアに出すかなど販促にも役立てることができます。

顧客データを用いた商圏分析は、その店舗の強いエリア・弱いエリアを把握したり、適切な住み分けを行ったりと、効率的な店舗運営に役立てることができます。こうした顧客データを活用した商圏分析を行うことで、効果的なエリアマーケティングが実現できます。
また、商圏分析を行う際には、商圏分析ツールを活用することで正確かつ容易に分析を行うことができます。導入を検討されている場合は、ぜひ一度ご相談ください。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6362-5000 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら