• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

環境ソリューションホワイトペーパー

2016年2月4日

工場の製造活動による土壌汚染

操業活動による土壌汚染の発生

生産活動において使用されていた有害物質や二次的に発生する有害物質の取扱施設や配管・タンク等の事故、化学物質、廃棄物、排水等の不用意な取り扱い等によって土壌汚染が発生します。

どんな工場で土壌汚染が発生するのか?

製品原材料や塗料に重金属等が含まれる工場や、製品の脱脂洗浄等に使用する有機溶剤等が揮発性有機化合物である工場では、土壌汚染発生が懸念されます。また有害物質は土壌中に残留するため、「今は使っていない。」という場合にも過去に使用していた原材料、有機溶剤への注意も必要です。

  • 洗浄装置で使用した有機溶剤の漏洩
  • 揮発性有機化合物の土壌汚染発生
  • 製品原料や塗料、廃棄物の保管や不適切な廃棄
  • 重金属等の土壌汚染発生

環境省資料によると調査を行った事業所の1/3以上で汚染が確認されています。

土壌汚染・地下水汚染の発生・拡大

地下に侵入した汚染物質は、土壌中を移動しながら土壌汚染を拡大させるとともに、一部は地下水に移行して地下水汚染を拡大させ、また、一部は土壌ガス(間隙ガス)中に揮発します。このような土壌・地下水中での汚染物質の挙動は、汚染物質の種類により異なっています。

工場における土壌汚染リスク

関連する製品・サービス

ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら