• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

環境ソリューションホワイトペーパー

2020年11月24日

カドミウム・トリクロロエチレンの基準値の見直し

土壌汚染対策法

本年(2020年)9月29日に「土壌の汚染に係る環境基準の見直し及び土壌汚染対策法の特定有害物質の基準の見直しに伴う土壌汚染対策法の運用等について」が通知された。これに先立ち、本年4月2日に「土壌の汚染に係る環境基準についての一部を改正する件」が交付され、カドミウム及びトリクロロエチレンについて、環境基本法第16条に基づく土壌の汚染に係る環境基準(土壌環境基準)が見直された

環境省の公布内容

《基準値の見直し(2021年4月~)》

カドミウムの基準値
見直し前 見直し後
土壌環境基準 0.01 mg/L
かつ農用地においては、米1kgにつき0.4mg以下であること(※1)
0.003 mg/L
かつ農用地においては、米1kgにつき0.4mg以下であること(※2)
土壌溶出量基準 0.01 mg/L 0.003 mg/L
第2溶出量基準 0.3 mg/L 0.09 mg/L
土壌含有量基準 150 mg/L 45 mg/kg
地下水基準 0.01 mg/L 0.003 mg/L

(※1)カドミウムに係る環境上の条件のうち検液中濃度に係る値にあっては、汚染土壌が地下水面から離れており、かつ、原状において当該地下水中の濃度が地下水1Lにつき0.01mgを超えていない場合には、検液1Lにつき0.03mg

(※2)カドミウムに係る環境上の条件のうち検液中濃度に係る値にあっては、汚染土壌が地下水面から離れており、かつ、原状において当該地下水中の濃度が地下水1Lにつき0.003mgを超えていない場合には、検液1Lにつき0.009mg

トリクロロエチレンの基準値
見直し前 見直し後
土壌環境基準 0.03 mg/L 0.01 mg/L
土壌溶出量基準 0.03 mg/L 0.01 mg/L
第2溶出量基準 0.3 mg/L 0.1 mg/L
地下水基準 0.03 mg/L 0.01 mg/L

基準値見直しに伴う法の制度運用

基本的には、2021年4月1日以降にカドミウム等を法に基づく調査等の対象とするときは、見直し後の基準で評価を行うこととし、2021年3月31日以前にカドミウム等を法に基づく調査等の対象とするときは見直し前の基準で評価を行うことを原則とする。
一方、土壌汚染状況調査や新たな調査契機が生じる場合に、その原則によりがたい場合の運用については、環境省公布資料のp.4以降に整理されている。

基準値の見直しにより、想定される事例

①周辺で飲用井戸がある場所で、過去に基準値超過土壌が見つかり、区域指定を受け、見直し前の基準値超過土壌のみ、汚染の除去をし、区域を解除された土地は、施行日以降に調査命令・措置の指導の可能性がある。

②過去に基準値超過土壌が見つかり、区域指定を受け、見直し前の基準値超過土壌のみ、汚染の除去をし、解除された土地は、施行日以降に新たな調査契機が発生した場合、調査命令・区域指定を受ける可能性がある。

関連する製品・サービス

ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら