• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

生物影響評価(WET)

生物影響評価(WET)について

生物応答を用いた排水試験は通称WETと呼ばれ、新たな法規制の導入が検討されている排水管理手法です。 排水に魚(ヒメダカ等)・甲殻類(ミジンコ)・藻類を曝露して、生存や生長への影響を観察します。 現行の30項目に満たない化学物質の濃度規制では捉えられない

(1)未規制の物質による影響の有無

(2)化学物質の複合影響の有無

を把握します。

利用シーン

SCENE1工場排水中の化学物質管理の指標として

規制項目以外の化学物質を多く使用しているが、排水は健全な状況なのだろうか?

規制項目の追加には非常に時間がかかります。また、規制されていない項目が安全であるという保証はありません。WET試験により、排水全体として生物に影響を与えるような状態かどうかを概観することができます。

SCENE2生物多様性保全活動の一環として

工場排水が地域の生物多様性に悪い影響を与えていないだろうか?

工場排水を敷地外へ排水している場合には、地域の生態系に影響を与えている可能性がわかりません。WET試験では3生物への影響を試験しますので、少なくとも供試生物の保全への影響を把握することができます。

SCENE3地域住民との環境コミュニケーション指標の一つとして

地域住民に環境の取組を説明する際の分かりやすい指標はないだろうか?

環境規制に詳しくない方にとっては、例えば「鉛が0.008mg/Lだから安全だ」と言われてもピンと来ないでしょう。それに対し、魚や藻類等に対する影響のあり・なしという指標はイメージがしやすく、排水の健全性を理解頂きやすい指標と言えます。

サービス詳細とフロー

お問い合わせ

ソリューションに関するご相談・ご質問は、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-3288-5900

関連する製品・サービス

イベント・セミナー情報一覧を見る

【防災DXウェビナー】取引先・サプライヤーの被災にも目を向けよう

日時:2021年8月27日 10:30~11:15 場所:Webセミナー コクリポウェビナーにて実施

【7/27(火)防災ウェビナー】緊急!土砂災害や洪水に備える簡易リスク診断のススメ

日時:2021年7月27日 15:00~15:45 場所:Webセミナー コクリポウェビナーにて実施

【7月30日(金)】防災対策策定に必見!浸水リスクとその評価のすすめ ウェビナー

日時:2021年7月30日 10:30〜11:15 場所:Webセミナー ※通信環境のよい場所でご視聴ください。
お問い合わせ
ホワイトペーパー
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら