資料ダウンロード・お問い合わせ

Google Maps Platform
トピックス

Google Maps API 導入ガイド

アイデア次第でビジネスの可能性や効率性を無限に広げてくれるGoogle Maps Platform

■多彩な業種で活用されているGoogle Maps Platform

Google Maps Platformは行きたい場所を見つけることやルート検索などはもちろんのこと、様々な統計データなどと連携させることでエリアマーケティングにも応用でき、集客や販促にも活用可能です。そのため、Google Maps Platformのビジネス利用は広がりを見せており、企業の売上向上や集客アップに貢献しています。Google Maps Platformは店舗やホテル、医療機関などへのアクセス情報や営業時間情報などを表示でき、集客や販促にも役立ちます。

多彩な業種で活用されているGoogle Maps Platform

また、運送業においては業務システムと連携してリアルタイムの交通量などを把握することで、渋滞を避けて、より効率的に荷物を届けることも可能となります。荷物を届けてもらう顧客の側でも配送車の現在位置やおおよその到着時刻がわかれば、スムーズな受け取りにつながり、まだ来ないと無駄に待ちわびることや再配達の手間も省けるようになります。

多くの物件を管理している不動産会社でも役立てられています。Google Maps Platformで地図をカスタマイズして、物件の場所や築年数、賃料などのデータと連携して表示できれば、顧客から希望条件での物件探しを依頼された際にスムーズに案内ができることでしょう。
マップ上で住所や築年数、構造、間取り、価格や賃料など物件そのものに関わる情報だけでなく、周辺環境や最寄り駅、近隣施設の情報など地域に関する情報も簡単に得られますので、顧客にも満足度の高い提案や情報提供が可能です。顧客の側でも不動産会社のサイトで物件検索をする際に便利になり、その不動産会社での成約率も上がってきます。

■工事現場でも活用できる

工事現場でも活用できる

Google Maps Platformと工事現場というと、瞬時には結びつかないかもしれません。耐震基準を満たすためのビルの建て替え工事、最初の設置から何十年と経過した水道管やガス管の更新工事などは常に至る所で実施されています。こうした工事は1つの企業で複数同時に並行して行われることも少なくありません。地域一体のガス管の交換を行う業者、一定地域にビルの建設の施工業者としていくつもの現場を抱えている業者も多いものです。どこでどのような工事を行っており、その進捗はどうなっているのかなど、工事状況の把握と管理はとても重要な作業です。万が一の事故への備えや対策、日々のスタッフの配置や資材の搬入、搬入ルートの混雑状況や交通管理などもしなくてはなりません。こうした管理をスムーズに行うためにも、Google Maps Platformの導入が役立ちます。

■Google Maps Platformを活用して効率的な工事管理を

工事状況管理をスムーズにし、効率的に行うためにはGoogle Maps Platformの活用が効果的です。さまざまなAPIが活用できるサービスですので、導入することでGoogleマップをカスタマイズ可能です。いくつもの建設工事を同時に請け負っているケースや、水道管やガス管の更新などライフライン関連の工事では、現場が広範囲かつ複数に分かれることが少なくありません。工事状況の管理は複雑になるケースほど、工事状況が一目で確認できるよう、マップ上に表示させての効率的な管理がおすすめです。

マップ上に工事中の場所やエリアを表示させれば、どこで工事が行われているのか一目で確認ができます。管理側からも現場からもコメントを書き込むシステムなどを組み合わせれば、その現場やエリアで何人が作業しているのか、進捗状況はどうか、トラブルの発生状況など現場の状況をリアルタイムで確認ができるのが便利です。

工事には納期やあらかじめ定めたスケジュールがあり、スケジュールに沿って円滑に工事を進めていくうえで工事の状況管理は欠かせません。工事の進捗を日々しっかり確認できなければ、予定通りに工事を終えることは難しくなり、会社の損害や信頼にもつながります。
Google Maps Platformを利用し、工事状況管理に活用してはいかがでしょうか。