• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Satellite Imagery衛星画像

活用事例

森林サービス

森林サービスにおける利用事例
地球温暖化対策や林業活性化の一環として、森林情報整備や森林のモニタリングが行われています。

我が国では、林相や森林資源に関する情報整備、森林変化や造林未済地、病虫害のモニタリングに衛星画像が活用されています。また、森林GISの背景画像としても活用されています。

海外では、REDD+に代表されるように、森林基盤図(ベンチマークマップ)の整備と、その定期的な更新に衛星画像が活用されています。

国、州、都道府県といった広域を対象として森林情報整備や森林のモニタリングを行なうためには、広域を一度に観測できる衛星画像が有効です。

防災サービス

防災サービスにおける利用事例
人工衛星は広範囲の情報を一度に撮影できることに加え、人の目に見えない光の情報や電波の情報を記録することができます。また、光学衛星だけでなく、昼夜や天候を問わず地表面を観測することが可能なSAR衛星の活用により、災害の際にも状況を把握できる可能性が広がります。

これらの特性を活かすことで、浸水域や建物の被害状況など、災害時の被災状況を迅速に把握することができ、救難・救助の支援、さらには復旧・復興などに活用することができます。
そのほか、地震による地盤変動、建物被害や液状化範囲の推定も可能です。

農業サービス

農業サービスにおける利用事例
従来の衛星では、情報が欲しいタイミングで撮影することが困難な場合が多く、特に農業分野においては、作物の状況が短い周期で変化するため、利用が困難でした。

近年は衛星の小型化や同一性能の衛星を複数機打ち上げることで、高頻度での観測が可能となり、雲の影響が多い地域においても、撮影できる可能性が高まりました。

これらの衛星群によって撮影された画像を用い、農作物の生育状況を把握し、営農に役立つ情報を提供します。

衛星画像やドローンを使い、農作物の生育状況や圃場の状態を正確に診断する営農支援サービス「天晴れ」はこちらから。

インフラ維持管理サービス

インフラ維持管理サービスにおける利用事例
高度経済成長期などに整備されたインフラの高齢化が進んでいます。一方で、少子高齢化に伴う人口減少下においては維持管理や更新のための費用と人的リソースの確保などの懸念があることから、より効率的・戦略的なインフラの維持管理が求められています。

そんな中、センサーの多様化や低価格化・無償化など、衛星を取り巻く環境も年々変化してきており、広範囲を定期的かつ比較的安価に面的にモニタリング可能な、衛星を活用したインフラ維持管理への期待が高まっています。

複数時期の衛星画像を解析することで、観測機器を設置することなく地盤の変動やダムなどの大型インフラの変位状況をミリ単位までモニタリングすることが可能となります。
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら