• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

防災ソリューション
ホワイトペーパー

防災  2021.3.16

リアルタイム土砂災害危険度判定システム

頻発する土砂災害に対する現状の課題

近年、ゲリラ豪雨や線状降水帯による豪雨など、局所的な降雨による土砂災害が頻発している。土砂災害は、人命や家などを奪うほか道路や鉄道などの公共交通網に被害をおよぼすなど重大な災害となる可能性がある。
土砂災害の警戒周知や避難行動を促す情報として、「土砂災害警戒情報」があるが、○○市または○○区域といった、気象庁の二次細分区域等に分けたエリア単位の発表となっており、市内の「一体どこが危険なのか」など、情報の受け手には危険度が的確にわかりづらいのが現状である。
また、大雨による土砂災害発生の危険度の高まりを表す、「大雨警報(土砂災害)の危険度分布」は、1km四方の領域(メッシュ)ごとに示されるが、領域内の地形・地質的特性は考慮されておらず、領域内は同一の判定となっているため、実際に避難すべき所はどこなのかなど、詳細な状況が利用者にはわかりづらい状態となっている。


出典:気象庁HP

リアルタイム土砂災害危険度判定システム

本システムは、土砂災害に関する、より精度の高い情報をリアルタイムで提供するものである。

【本システム 3つの特徴】

①任意の場所・施設の危険度をピンポイント(10mメッシュ)で把握できる

  • レーダ解析雨量および今後の降雨予測(降水短時間予報)を用いてリアルタイムに危険度解析を行う
  • 場所や施設ごとに避難時間を考えた情報の提供が可能

②どの区域・施設が危険か一目で分かる、表示設定のカスタマイズが可能

  • 自社開発のGISエンジンを用いているため、各種GISデータ(例:土砂災害警戒区域、避難場所等)の取り込み、重ね合わせなどの柔軟なカスタマイズが可能
  • 設定した危険度の基準値を超過する場合、メール等での通知が可能

③未経験の降雨、災害実績の無い地域に対しても評価が可能

  • 地形・地質的なデータを含んだ物理モデルを用いて、具体的な危険度(安全率)の推移をシミュレート

当システムは、これまでに自治体やインフラ系企業で導入されており、引き続き、土砂災害による甚大な影響を受ける可能性がある鉄道系や電力系などのインフラ企業を中心に展開していきたい。

関連する製品・サービス

防災ソリューション

記事カテゴリ

アーカイブ

ページトップへ