• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

行動履歴の情報を可視化・解析する Genavis 測位モジュール

Genavis 測位モジュールについて

「Genavis測位モジュール」は、スマートフォン/タブレット/スマートデバイスに搭載可能な、屋内、屋外を問わずシームレスに位置測位が可能なアプリケーションを構築できる開発キットです。
BLE,WI-FI,マーカー、UWB,自律航法、GPSを複数の測位方法を利用することができるため、環境や用途にあわせたセンサーを使った位置情報の取得や補正の機能を有しています。 IoTに欠かせない人やモノの位置情報を取得するためのプラットフォームとしてお使いいただけます。

ハイブリッド型シームレス測位モジュール

本モジュールを利用すると、屋内外をユーザが意識することなく測位可能です。
本動画では地下街から階段を上がって地上に上がる一連の流れを測位した生データを表示しています。地下街ではPDRとBLEによる補正、地上に出てGPSの電波を拾うと自動的に切り替わります。
また、マップマッチング等の補正処理を行うと、綺麗な動線を描くことが可能です。

利用シーン

本プラットフォームは、現在利用可能な様々な測位方式に対応しており、業界を問わず様々な用途で利用が可能です。

特長・機能

特長

現在利用可能な様々な測位方式に対応しているとともに、複数の測位方式を組み合わせた「ハイブリッド測位」も採用しており、用途や予算に応じて最適な精度の位置測位を実現いたします。BLE、Wi-Fi、PDR、UWBによるシームレス測位方式に対応しています。

国際航業がこれまで培ってきたGISの技術をフルに活用し、高度で、かつ利便性の高い解析サービスを提供いたします。

機能
  • 1.シームレス測位機能

    屋外・屋内を問わずシームレスに位置測位が可能な測位モジュールを、SDKとして提供します。(対応OSでは、Android4.4以上のスマートフォン/タブレット/スマートデバイスに組み込みが可能)

  • 2.ログ解析機能

    測位モジュールを通して取得された行動履歴等の情報を可視化・解析することができます。

  • 3.リアルタイム位置把握機能

    測位モジュールを組み込んだ端末の位置を、管理画面等でリアルタイムに把握することができます。

  • 4.ジオフェンシング機能

    指定したエリアに測位モジュールを組み込んだ端末が入ると、端末にメッセージを送ることができます。また、指定した端末同士の距離が設定値以内に近づくと(あるいは、設定値以上に離れると)、端末にメッセージを送ることができます。

導入事例

  • 空港
  • 屋内測位導線解析AR
某社

空港内での屋内ARナビゲーションサービス

日本初の、空港内をARと屋内マップでナビゲーションするAndroidアプリケーションとして、2011年12月より3年間一般利用者向けに提供が行われました。屋内測位を利用して、空港内の現在位置から搭乗口までをナビゲーションし、ARモードと屋内マップモードを自由に切り替えることができます。
詳しくはこちら
  • 物流
  • 屋内測位導線解析ARスマートデバイス
セイコーエプソン株式会社、トーヨーカネツソリューションズ株式会社、株式会社キングジムとの共同実験

物流現場におけるスマートグラス&ARソリューション

大量の荷物の仕分けやピッキングが必要となる物流現場で、スマートグラス、AR、屋内測位を利用した作業支援システムの実証実験を行いました。
詳しくはこちら

システム構成

GENAVIS測位モジュール for MOVERIO Pro

セイコーエプソン株式会社の業務用途向けスマートヘッドセットMOVERIO Pro(モベリオ プロ)『BT-2000』専用に最適化した「Genavis測位モジュール for MOVERIO Pro」を利用できるSDKの提供も開始します。

■特長

通常の測位モジュールと同様、複数センサーを利用して位置情報取得プラットフォームを構築できます。


■高精度

MOVERIO Proにはエプソンの独自技術である高精度IMU(慣性計測ユニット)が搭載されています。本製品では高精度IMUのパフォーマンスを最大限に活かすようチューニングされたモジュールをご提供します。

MOVERIO Proでの歩行ログ

MOVERIO ProのIMUのみを使った歩行の軌跡です。BT-200と比べて2回の歩行の軌跡が安定しています。 実際の運用ではBLEやマーカーでの補正を行うことで、継続して高精度の位置情報取得が可能です。

※MOVERIO BT-200:コンシューマ向けのMOVERIO製品

MOVERIOのコンシューマ向けモデルである、BT-200のIMUのみを使った歩行の軌跡です。歩行が進むのに伴い、通路(背景のグレーの箇所)からずれていっています。

関連する製品・サービス

イベント・セミナー情報一覧を見る

【7月5日(水)】屋内外位置情報ソリューション紹介セミナー開催

日時:2017年7月5日  14:00~17:00(13:30開場) 場所:国際航業 市ヶ谷本社 ※東京都千代田区六番町2番地

6月22日(木)開催 Google Maps API プレミアムプラン紹介セミナー

日時:2017年6月22日 10:00〜12:00(9:40開場) 場所:国際航業 市ヶ谷本社

【1月26日(木)】「すぐに実務に役立つ! 環境・災害リスクセミナー」を開催します

日時:2017年1月26日 2017年1月26日(木)14:00~17:00 場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら