• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

屋内外位置情報

利用シーン

屋内外位置情報の活用することで、バリューが期待されるケースをご紹介しています。

シーン1工場・倉庫施設

工場や倉庫内で人や物の位置の把握が、生産性の向上に繋がる。

工場・倉庫においては、作業工程の効率化・標準化、レイアウトの最適化にむけた検討材料として、作業者動線の分析機能をご利用頂いております。
個別アプリケーション開発により、ウェアラブルデバイスを用いたナビ機能によるピッキング支援や、フォークリフトと人の接触リスク削減にもご利用いただけます。
詳しくはこちら

シーン2医療現場

院内における医療スタッフの位置情報が、労働環境の効率化と患者サービスの向上がカギとなる。

看護師、医師の巡回状況、現在地の把握や、薬袋の配送状況確認、ストレッチャーなどの機器の現在地を確認することができます。 作業効率化への検討材料としてお使いいただくことが可能です。今すぐにどこにいるか知りたい!のご要望に位置情報をお使いいただくことで、探す時間と手間を削減することができます。
詳しくはこちら

シーン3オフィス

オフィスレイアウトと人の位置の「見える化」が、知的生産性の向上に繋がる。

従業員の動線や、部署間のコミュニケーション量などを計測することで、オフィスレイアウトの最適化による業務効率向上の検討材料として活用頂けます。 また、例えば特定の会議室でのみ資料を閲覧できる様にするなど、オフィス内の様々な課題・要望についても位置情報を切り口とした改善案の検討が可能です。
詳しくはこちら

シーン4プラント・インフラ

移動履歴と作業確認の画像を位置情報で管理。巡回漏れによるリスクの低減に。

例えば定期点検の場面において、作業者の現在地に応じて、前回点検時の履歴や引継ぎ事項などの情報提供を行います。 作業者の移動履歴を記録し、巡回地点に漏れ・偏りがないか等のチェックにも活用いただけます。
詳しくはこちら
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら