• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

屋内外位置情報

導入事例

  • 商業
  • 屋内測位導線解析
自社サービス(経済産業省G空間プロジェクトでの実証実験サービス)

ぶらサポ@二子玉川ライズ

東急田園都市線二子玉川駅に隣接する「二子玉川ライズ」を対象にした、屋内外位置情報を利用した情報配信&ナビゲーションアプリです。東京急行電鉄株式会社とともに実施した「経済産業省G空間プロジェクト」での実証実験アプリとして開発しました。ショッピングセンター内のWi-Fiの電波を利用して屋内測位を行い、現在位置周辺の店舗のおすすめ情報や、目的地までのナビゲーションを提供しました。 また、この事例は「スマートフォンを活用した新しい位置情報サービス」として、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて紹介されました。
使用技術・構成

屋内測位としてFingerprinting方式を採用し、既設のWi-Fiのみを用いて屋内の現在位置推定を行いました。おすすめ情報の配信にはTwitterのAPIを活用し、鮮度の高い情報の配信を行っています。 また、目的地までのナビゲーションには、弊社特許技術である「目的地案内システム」を採用し、一般的なマップ上に経路のラインを引くのではなく、視界に入る目印を連続的にたどることで目的地を案内する直感的なナビゲーションを提供しています。 さらに、この事例では、様々なコンテンツを屋内の3次元座標と紐付けて配信するクラウド型のプラットフォームを構築し、コンテンツ配信のための各種APIを整備し、複数のアプリケーションに提供しました。

活用のポイント

クラウド型のプラットフォームから施設内の様々なコンテンツを配信することで、一つの施設の中で複数のアプリケーションが展開可能になることが大きなポイントです。 また、店舗のおすすめ情報等を3次元座標と紐付けて配信することで施設利用者の関心を高めるとともに、利用者の施設内の回遊行動を促進させることが可能です。



前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら