• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

製品・価格

製品グレード

機能 クレンジング
スタンダード
(CS)
クレンジング
プロフェッショナル
(CP)
ジオコーディング
スタンダード
(GS)
ジオコーディング
プロフェッショナル
(GP)
住所正規化機能
大字・町丁目まで

番地・号まで

番地・号まで

番地・号まで
住所から
緯度経度を求める
× ×
大字・町丁目まで

番地・号まで
郵便番号正規化
API提供オプション

製品価格

製品グレード 製品価格(初期料金)
住所正規化コンバータクレンジング スタンダード 260,000円
住所正規化コンバータクレンジングプロフェッショナル 560,000円
住所正規化コンバータジオコーディングスタンダード 700,000円
住所正規化コンバータジオコーディングプロフェッショナル 3,140,000円
住所正規化コンバータNISA対応版 1,660,000円

データ更新料金

データ更新料金は、製品グレードにより異なりますので、詳細は、お問い合わせください。
また、本製品のデータ更新に関しては、以下の注意点をご確認願います。

・本製品は、定期的に年2回(春・秋)のデータ更新を行っております。
【春版】・・・毎年1月末時点の住所情報と4月末時点の合併情報を反映して、6月末頃にリリース
【秋版】・・・毎年7月末時点の住所情報と10月末時点の合併情報を反映して、12月末頃にリリース頃にリリース

【プログラム保守】

・本製品の更新版には、上述した年2回の更新データとともにその時点の最新のプログラムを提供する費用を含んでおります。

【データ更新の契約期間】

・更新料金にはプログラム保守費用も含むため、更新契約期間はデータ更新契約の締結日ではなく、初期納入日を起算日として1年間となります。
そのため、製品購入後、1年以上が経過してからデータ更新契約を締結するような場合は、更新契約期間は製品納入時まで遡って締結されるため、1年目からのデータ更新料金が加算されることとなります。
また、データ更新契約期限が満了してから1年以上が経過してからデータ更新契約を再開するような場合も、更新契約期間が満了した時点まで遡って契約再開することとなるため、更新契約が中断していた年数分のデータ更新料金が加算されることとなります。

本製品の更新版には過去の住所情報の累積分と最新プログラムを収録する関係からあくまでも保守料金という性格を含んでおります。
そのため、ご購入・更新されてから複数年が経過した場合は、その経過した年数分の保守費用を申し受けるためとご理解願います。
ただし、経過した複数年分のデータ更新料金が、初期料金を上回ってしまうような場合には、初期料金にてお承りいたしておりますので、営業担当者にご相談願います。

お問い合わせ
オンラインデモ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら