• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

導入事例

  • 事例1
    スーパーマーケット
    スーパーマーケット

    顧客・購買履歴データを活用し、一定期間のエリア別購買同行を把握

    ↓
  • 事例2
    家電量販店
    家電量販店

    ポイントカードデータとPOSデータ、家電需要額データで、店舗別の金額シェアマップを作成

    ↓
  • 事例3
    フィットネスクラブ
    フィットネスクラブ

    折込配布エリアを策定するため、新聞販売店エリア単位に実勢商圏を把握。

    ↓
  • 事例4
    スポーツ用品メーカー
    スポーツ用品メーカー

    国勢調査統計など、オープン指標を地図上にマッピングしてマーケットボリュームの把握。

    ↓

事例1 スーパーマーケット

ポイントカードシステムを活用したFSPを構築し、そこから得られる顧客データ及び購買履歴データを活用すると、一定期間のエリア別の購買動向(来店客数、購買金額、来店回数、世帯吸引率など)の把握が可能となります。

あるスーパーマーケット様の本部では、毎週、店舗別の世帯吸引率(来店客数/世帯総数×100%)マップを作成し、世帯吸引率の閾値を定めて、コア商圏を色分けしています。

世帯吸収率マップ

店舗サイドではそのコア商圏をベースに、折込チラシ配布エリアを選定します。
また、購買履歴情報を活用して、デシル分析、デシル推移分析を実施し、顧客ランク毎のアプローチを展開されています。
/世帯総数×100%)マップを作成し、世帯吸引率の閾値を定めて、コア商圏を色分けしています。

レポート

事例2 家電量販店

ある家電量販店様では、ポイントカードデータとPOSデータ、家電需要額データを活用して、店舗別の金額シェアマップ(エリア別顧客購買金額合計/家電需要額×100%)を作成して、折込エリアの選定材料として活用しています。また、「実績商圏の伸び率と現況」「マーケットボリュームの伸び率と現況」をクロス分析し、アプローチすべきエリアを明快にして、販促強化エリアを店舗へ指示しています。

事例3 フィットネスクラブ

新聞販売店エリア別にキャンペーン後の入会者数を新聞販売店エリア単位に集計し、折込効率を算出します。実勢商圏に前回の折込エリアを重ねて、配布エリア内でレスポンス基準値に達していないエリアを除外し、エリア外で基準値に達しているエリアを追加して、効率的に次回配布エリアを策定。

年間プロモーション計画
キャンペーン後の入会者数を
新聞販売店エリア単位に集計

※新聞販売店エリアデータ、折込実績データが必要です。

事例4 スポーツ用品メーカー

国勢調査統計など、オープン指標を地図上にマッピングすることでマーケットボリュームの把握を行い、折込配布エリアを検討。クーポン券付チラシで顧客レスポンスを取得することで、折込チラシの効果検証を実施。

■折込チラシによるプロモーション計画

折り込みチラシ実施

お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら