• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Genavis 商圏分析

商圏分析 導入ガイド

ハイレベルなエリアマーケティングが可能に! 他社と差をつける商圏分析の導入

新たに店舗を出店する場合、エリアマーケティングは欠かせません。店舗は基本的に動かすことができないため、出店する店舗に適した候補地を探す必要があります。そのため、地域の人口や市場規模、需要などを基に行うエリアマーケティングが重要となるのです。
そうしたエリアマーケティングをより高度なものにするためには、競合店舗との差別化も大きなポイントとなります。いかに地域に適した店舗を出店したとしても、競合店舗と差別化できていなければ思うように集客できません。
ここでは、エリアマーケティングをより高度なものにするための差別化についてご紹介します。

ハイレベルなエリアマーケティングが可能に!他社と差をつける商圏分析の導入

■差別化することの重要性

ハイレベルなエリアマーケティングが可能に!他社と差をつける商圏分析の導入

例えばある地域にスーパーマーケットが1店舗しかない場合、その地域に住んでいる人々の多くはそのスーパーを利用することとなります。この場合、普通に店舗を運営していれば自然と集客ができ、利益も出ます。しかし、同じエリアに2店舗、3店舗とスーパーがある場合はそういうわけにはいきません。同じエリアに出店している店舗間で顧客を奪い合うことになるため、1店舗のときに比べて顧客数は減り、売上も同様に下がります。そうした中で集客率を高め、売上を上げるために必要なのが競合店舗との差別化です。
エリアマーケティングによって地域の特性を調べることは大切ですが、競合店舗が商圏内にある場合には差別化についても考える必要があります。

■商圏分析による差別化戦略

競合店舗との差別化を考えるとき、商圏分析が重要なポイントとなります。
商圏分析では人口や世帯数、商圏特性、乗降客数、交通量、導線などエリア内のさまざまな情報を分析します。ここで重要なのは、単にそれらを調べることではなく、そのデータから商圏範囲のお客様のニーズや特徴を読み取り、生かすことです。例えば事業所が集まるオフィス街の場合、営業時間を延ばすことで会社帰りのお客様でも利用しやすくなり、売上が上がる可能性があります。
こうした地域の特性に合わせたニーズを読み取り、競合店舗よりニーズに則したサービスを提供することで、差別化を図ることができます。そのために、正確な商圏分析が重要なポイントとなるのです。

差別化というと何か特別なことをしなければならないと考える方もいるかもしれませんが、商圏範囲のお客様のニーズによっては少しの変化でも差別化することができます。しっかりと差別化することができれば、エリアマーケティングの効果も十分に発揮されます。
当社では商圏分析ツールの提供も行っているため、導入を検討されている場合はぜひ一度ご相談ください。


前へ お客さまの声TOP 次へ
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら