• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

地歴調査

地歴調査について

土壌汚染調査の第一段階である地歴調査では土壌等のサンプリングは実施せず、ヒアリング結果や収集資料により、過去の土地利用履歴や有害物質取扱状況を把握し、その結果に応じて人為的な土壌汚染の可能性を評価するとともに、土壌汚染の可能性があるポイントを特定します。

利用シーン

SCENE1不動産売買時の環境デューデリジェンス

今は商業ビルだから土壌汚染は問題なさそうだが、過去はどうだっただろうか?

航空写真や古地図、登記簿等で過去に工場や倉庫が存在したか、またあきらかに外部から搬入した土壌等で埋立や盛土を行った形跡がないかどうかなどを確認します。

SCENE2M&Aにおける環境デューデリジェンス

買収後も現状有姿のまま事業を継続するが、環境リスクはどのように捉えたらよいか?

環境法令の遵法性によるリスクの洗い出しや、将来発生しうる土壌地下水汚染の対策コストやPCB・アスベスト等にかかる廃棄物処理コストを具体的なリスクとして算出します。

SCENE3操業中の工場における資料等調査

環境管理の一環として、工場内のどこが汚染リスクが高いのか把握しておきたい

保管されている設備資料の確認や、過去の操業内容に詳しい管理者へのインタビュー、実際の現地確認等の実施により、過去から現在までの操業履歴を整理し、汚染リスクが高い場所を洗い出します。

調査項目とフロー

利用ケース

Case1M&Aに伴うデューデリジェンス

Case2商業ビルの証券化に伴うデューデリジェンス

お問い合わせ

ソリューションに関するご相談・ご質問は、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-3288-5900

関連する製品・サービス

イベント・セミナー情報一覧を見る

5月12日(金)開催 金融業/不動産業および関連SIer向けGoogle Maps API導入支援ソリューション紹介セミナー

日時:2017年5月12日 15:00〜17:00(14:40開場) 場所:六本木ヒルズ グーグルオフィス

【1月26日(木)】「すぐに実務に役立つ! 環境・災害リスクセミナー」を開催します

日時:2017年1月26日 2017年1月26日(木)14:00~17:00 場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター

IoT時代のエリアマーケティングセミナー

日時:2016年9月29日 14:00~16:40(13:30より受付開始) 場所:日経大手町セミナールーム2
お問い合わせ
ホワイトペーパー
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら