• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

地下水汚染流動解析

地下水汚染流動解析について

地下水揚水法等の原位置浄化による土壌・地下水汚染の対策を講じる場合は、地質条件や地下水流向を加味した上で最適な方法を設計する必要があります。
例えば地下水揚水対策を行う場合、揚水量が不足していると汚染地下水の拡大防止が図れず、敷地外へ流出してしまうこととなります。また、揚水量が多くなると揚水した汚染地下水を処理する水処理施設の処理能力が大きくなり、水処理施設のイニシャルコストが大きくなることや、処理した水を下水へ放流する場合には、下水道使用料金等のランニングコストが増加することとなります。 当社は3次元モデルを用いて地下水汚染の流動状況を見える化し、対策工法の最適化を図ります。

利用シーン

SCENE1現在実施している揚水対策の効果を確認したい 

地下水汚染流動解析を行うことにより、揚水対策の見える化ができます。 平面及び鉛直方向の地下水流動を再現する3次元モデルによる地下水汚染流動により、汚染物質が揚水対策により、どのような挙動を示すのか?また敷地外への汚染地下水の流出がないか?揚水井戸の位置は適正か?等の予測を行い、揚水対策の最適化を行います。

SCENE2実施している揚水対策のランニングコストの負担が大きいが、なんとかならないか?

長期間にわたり揚水対策を実施していると、汚染地下水の濃度や汚染分布が変化してきます。また、設備の老朽化に伴なう日常の維持管理や故障時の対応で手間と時間がかかります。
地下水汚染流動解析を定期的に行うことで、最新の汚染状況に合わせた揚水計画を策定することが可能となり、ポンプや水処理施設のハード面を見直すことによりランニングコストの削減や維持管理の負担を減らすことが可能です。

SCENE3敷地境界での揚水対策を長期間行っているが、なかなか基準値以下に下がらず、
いつ揚水対策を止められるか分からない

敷地境界での揚水対策(バリア対策)は、敷地外へ汚染地下水の流出の防止という観点で応急的な対策として行うことが多くなっております。バリア対策では汚染源での対策を行っていないことから、汚染源からの汚染物質の供給が継続的に続き、長期化する傾向にあります。 そのため、地下水汚染流動解析により汚染物質の挙動を予測し、敷地境界での揚水対策とあわせ、汚染源での効果的な揚水対策の実施することにより、より効果的な汚染対策となります。また、必要に応じさらに一歩進み、他の浄化手法を採用することにより、早期の浄化対策の終了も可能となります。

バイオレメディエーション 電気発熱法

調査項目とフロー

地下水汚染流動解析の進め方としては、まず既往の調査等で得られたデータの整理を行い(既往データがなければ現場調査を実施)、対象地の地下水流動状況を模式的に概念モデルとして作成します。これを元に、地下水流動状況を再現する計算モデルを構築し、解析を行います。
モデル構築にあたっては、平面及び鉛直方向の地下水流動を再現する3次元モデルを用い地下水汚染流動を行います。

お問い合わせ

ソリューションに関するご相談・ご質問は、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-3288-5900

関連する製品・サービス

イベント・セミナー情報一覧を見る

【1月26日(木)】「すぐに実務に役立つ! 環境・災害リスクセミナー」を開催します

日時:2017年1月26日 2017年1月26日(木)14:00~17:00 場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター

IoT時代のエリアマーケティングセミナー

日時:2016年9月29日 14:00~16:40(13:30より受付開始) 場所:日経大手町セミナールーム2

【8月26日(金)】「すぐに実務に役立つ!猛夏の環境・災害リスクセミナー」を開催します

日時:2016年8月26日 2016年8月26日(金)13:30~17:00 場所:東京都千代田区(JA共済カンファレンスホール)
お問い合わせ
ホワイトペーパー
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら