• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

PCB廃棄物調査・処理支援

PCB廃棄物調査・処理支援について

PCBは絶縁性などの特性により電気機器をはじめ幅広く使用されましたが、その毒性が社会問題化し、昭和47年以降その製造が禁止されました。

PCB廃棄物はPCB濃度と廃棄物の種類により、受け入れできる処理施設が異なるため、PCB含有の可能性がある機器については、予め機器のPCB濃度を分析し、PCB廃棄物の保管場所、取扱い、処理施設を選定する必要があります。 今後、どのように処理期限内に過不足なくPCB廃棄物の適正処理を進めていくのかという社会的課題を解決する取組みです。

当社では、PCB廃棄物の保管事業者様に対してPCB廃棄物を適正に処理するための支援をします。

利用シーン

SCENE1不動産売買・解体前のPCB廃棄物調査

受電設備を処分する際に廃棄物処理業者からPCB分析結果を求められるケースがあるため、建屋解体時または不動産取引時に環境デューデリジェンスの一環としてトランスやコンデンサ等のPCB含有機器について調査を行います。

SCENE2PCB処理費用の軽減を目的としたPCB廃棄物調査

操業中の工場等において使用中のトランスやコンデンサ等に関する処理費用を確定・軽減するため、高濃度・低濃度・不含有の判別をすることにより定量化します。
また、低濃度PCB廃棄物については、運搬業者と処理業者のコスト比較を実施します。

SCENE3蛍光灯安定器の精査

安定器の中には、種類、型番、製造年代等により、PCBが使用されているもの(PCB廃棄物)と不使用のもの(非PCB廃棄物)があります。既にPCB廃棄物としてJESCOに申請し処分待ちとなっている安定器は、精査を行うことで重量の削減ができることがあります。

サービス詳細とフロー

微量PCB廃棄物調査・除去サポート

お問い合わせ

ソリューションに関するご相談・ご質問は、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-3288-5900

関連する製品・サービス

イベント・セミナー情報一覧を見る

屋内外位置情報ソリューション紹介セミナー

日時:2017年12月1日 14:00~17:00 場所:国際航業 丸の内オフィス ※東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル7F

屋内外位置情報ソリューション紹介セミナー

日時:2017年10月20日 14:00~17:00 場所:国際航業 市ヶ谷本社 ※東京都千代田区六番町2番地

Google Maps APIを活用した国際航業の新サービスご紹介

日時:2017年10月25日 13:30~16:00 場所:国際航業 市ヶ谷本社
お問い合わせ
ホワイトペーパー
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら