• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

土壌地下水汚染浄化(フェーズ3)

操業中の工場における事業活動に負荷の少ない原位置浄化から、土地売買時におけるスピード優先の浄化まで、事業計画のニーズに応じた浄化対策方法をご提案します。

ソリューションの特長

特長1操業中の工場建屋下でも掘削せずに汚染浄化が可能

特長2自社開発の栄養剤や微生物製剤を活用した安価なバイオレメディエーションが可能

特長3管轄行政や近隣住民等への汚染情報の公開におけるソフト面でコンサルティングが可能

ソリューションを課題から選ぶ

操業中の工場でも浄化したい電気発熱法

安価に汚染を浄化したいバイオレメディエーション

浄化工事前に近隣住民や行政と情報共有したいリスクコミュニケーション

サービス一覧

土壌地下水汚染の浄化対策は、汚染を敷地内から全て取り除き完全に浄化をするパターンと、汚染を残しながら管理・対策をするパターンが存在します。
事業計画に応じて、コスト・浄化期間・環境負荷・確実性に関して各種方法を比較検討して選定していくことが重要です。

(1)汚染を敷地からなくす場合 (2)汚染を残す場合
掘削除去 原位置浄化 盛土・舗装・封じ込め

概要 汚染土壌を掘削して外部の処理施設に搬出し、良質土壌で埋め戻す、または汚染土壌を洗浄して埋め戻す。 掘削せずに化学分解や微生物分解で汚染土壌や地下水を敷地内で浄化する。 汚染土壌や地下水を敷地に残置し、敷地外に汚染が拡散しないように対策する。
特徴

最も選定されている手法で確実性が高く、浄化期間が短いがコストが高い。

コスト ×(高い)
工期 ◎(早い)
確実性 ◎(確実)
土地利用 ×(建屋解体等必要)

コストや土地利用の観点で掘削除去を選定できないサイトで検討が必要。

コスト ◎(安い)
工期 △(場合によって遅い)
確実性 △(汚染によっては適用不可)
土地利用 ○(一部建屋あっても可)
  • 汚染が残るため、適切な評価と施工管理、さらに土地利用者や周辺住民との適切な情報共有が必要
  • 定期的なモニタリング管理が必要
工法例
  • 掘削後良質土壌埋戻
  • 掘削後土壌洗浄埋戻
  • 掘削後石灰混合埋戻
  • 舗装・盛土
  • 遮水工封じ込め
  • 遮断工封じ込め
  • 不溶化埋め戻し

利用ケース

Case3土壌汚染情報公開に伴うリスクコミュニケーション

Case4操業中の工場におけるバイオスティミュレーション

お問い合わせ

ソリューションに関するご相談・ご質問は、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-3288-5900

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーでは、環境マネイジメント、サービスに関連するをトピックスを中心とした専門性の高いホワイトペーパーを提供しています。当社の環境ソリューションのコンサルタントや、専門家による知見を、サービス導入の際にご活用ください。

イベント・セミナー情報一覧を見る

6月22日(木)開催 Google Maps API プレミアムプラン紹介セミナー

日時:2017年6月22日 10:00〜12:00(9:40開場) 場所:国際航業 市ヶ谷本社

【1月26日(木)】「すぐに実務に役立つ! 環境・災害リスクセミナー」を開催します

日時:2017年1月26日 2017年1月26日(木)14:00~17:00 場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター

【9月29日】IoT時代のエリアマーケティングセミナー

日時:2016年9月29日 14:00~16:40(13:30より受付開始) 場所:日経大手町セミナールーム2
お問い合わせ
ホワイトペーパー
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら