• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

利用ケース一覧

Case4操業中の工場におけるバイオスティミュレーション

環境管理に関する全社的な方針により、工場敷地全域を対象とした自主調査を実施。

サイトの概要

クライアント

自動車関連部品メーカー(土地所有者)

調査契機

環境管理に関する全社的な方針により、工場敷地全域を対象とした自主調査を実施。

汚染範囲 880m2
汚染深度 2.0m
汚染物質 テトラクロロエチレン(PCE)
トリクロロエチレン(TCE)
シス-1,2-ジクロロエチレン(cis-1,2-DCE)
汚染濃度 基準値の数倍~10倍(土壌・地下水)

※注意:守秘義務等お客様との関係上一部情報を変更して記載してあります。

クライアントのお悩みと国際航業のソリューション

操業中の工場建屋下に汚染があるため掘削除去は物理的に適応が難しい。また、予算も限られていることからできる限りコストを抑え、浄化期間もある程度保障してほしい・・・。

バイオスティミュレーションであれば、操業に影響を与えることなく原位置で浄化することができます。事前に室内でトリータビリティ試験を行うこととで実際のサイトにおいてバイオスティミュレーションの適応が可能か評価します。適応が可能な場合には浄化計画を立案し、浄化期間についても保証します。

工場の操業は停止できない。現在の生産体制に影響が出ないように浄化を進めることができるのか?

井戸設置や栄養剤注入作業は、お客様のご要望に応じて夜間や休日を利用することで作業を進めることが可能です。また、注入プラントは屋外に置きますので、工場内には注入用の井戸を設置するだけです。したがって、操業中は注入井戸に蓋をすることで全く作業に影響がでません。

浄化作業で工場作業員や近隣住民に負荷や不安を与えたくない・・・。

バイオスティミュレーションであれば浄化作業に伴う騒音や振動はほとんど発生しません。また、大きな工事を伴いませんので近隣住民に心配をかけることはありません。 近隣住民説明会については、近隣住民の関心度合いや行政の要望、さらには周囲への汚染拡散状況により実施有無を検討します。

調査結果と評価

項目 内容
注入井戸設置 汚染範囲を約4mピッチで計32地点
(井戸構造をスリーブパイプとしダブルパッカーを用いた注入)
観測井戸設置 対策範囲内の9地点
栄養剤注入 2回に分けて実施(1回目=約10日間、2回目=約5日間)
※2回目は、浄化未達成範囲のみを対象
浄化期間 3ヶ月半
浄化費用 掘削除去費用の1/3以下
栄養剤注入前後のTCE濃度変化

タイムスケジュール

バイオスティミュレーションの適応性検討から浄化確認まで約7ヶ月間


前へ 利用ケース一覧TOP

お問い合わせ

ソリューションに関するご相談・ご質問は、以下よりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 03-3288-5900
お問い合わせ
ホワイトペーパー
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら