• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

Satellite Imagery衛星画像

技術紹介

人工衛星による地球観測のしくみ

人工衛星による地球観測のしくみ 人工衛星による地球観測のしくみ
人工衛星に搭載されたセンサによって、地表面の対象物から反射もしくは放射される電磁波をセンサで観測することで対象物の情報を取得することができます。

一般的にリモートセンシングで用いられる電磁波の波長帯は、人の目で見える可視光の波長域に加え、近赤外、短波長赤外、中間赤外、熱赤外などであり、これらの波長が短い光を用いるセンサを光学センサと呼びます。
光学センサは大気の影響を受けるため、大気中に雲があると地表面の情報を取得することはできません。

一方で、波長の長い電波は雲の影響が小さく、大気中に雲があっても透過して地表面の情報を取得することができる。このような波長域をマイクロ波と呼び、マイクロ波を用いるセンサをマイクロ波センサと呼びます。

一般的に光学センサを搭載した衛星を光学衛星、マイクロ波センサを搭載した衛星をSAR衛星と呼びます。

センサによって異なる特性を理解・活用することで、農業、林業、環境、海洋、大気、資源探査、防災、インフラのアセットマネジメントなど様々な分野に利用することができます。

光学衛星とSAR衛星の違い

光学衛星とSAR衛星の違い
光学衛星は大気の影響を受けるため、雲などがあると地表の情報を得ることができません。

一方、SAR衛星は雲の影響を受けずに地表面を観測できるため,雲が多い季節でも、地表の情報を得ることができます。

ただ,SAR衛星で撮影された画像はモノクロ画像であり,光学衛星のようなカラー画像を作成することは困難です。

光学衛星とSAR衛星,それぞれの特性を十分に理解し,最大限に活用することで、各分野でのモニタリングなどに利用できます。
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら