• データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
官公庁、自治体向けの製品・サービスはこちら

活用事例

各種現況調査

不動産現況調査
不動産や建築、各種工事の事前調査資料として、机上で現地の状況確認が可能です。
また、オリジナル単写真画像を利用した精度の高い3次元計測、PAREA-OrthoPhoto画像を利用した簡易計測など、目的用途に応じた各種計測調査業務にもご利用いただけます。

面開発・プランニング

新規店舗開発
新規出店候補地の現況把握(住居、ビルの状況、競合店舗の場所)では、地図よりもよりリアルに把握することが可能です。
ターゲットとなる場所の周辺状況をPAREA-OrthoPhotoで俯瞰。プランニングポイントのロケーションがより効果的に把握できます。

施設管理分野

施設管理GIS
施設管理等の背景データにPAREA-OrthoPhoto画像を使用することで、視覚効果の高い施設管理が可能です。

施設案内

電子案内板
高解像度のPAREA-OrthoPhotoでは、街全体からピンポイントまで、鮮明な画像をみることができます。店舗や施設案内図の背景データとして有効にご利用いただけます。
抽象化された地図ではわかりにくい現地の状況を実際の写真で確認できるため、迷うことのない、わかりやすい案内図が作成いただけます。
また、従来市販されていた航空写真データと比べ、はるかに解像度が高いため、拡大・縮小やスムーズスクロール、鳥瞰表示などを特徴とする動的な電子案内板などでも違和感なくご活用いただけます。

CG分野

建築CGの背景データ
弊社が販売するPAREA-LiDAR(地盤データ)や3D都市モデル(建物データ)と組み合わせ、リアルな都市空間を簡単に作成することができます。
そのため、建築設計分野を中心として、様々な都市空間CGのテクスチャーとしてご利用いただいております。
お問い合わせ
  • データ
  • ソフトウェア
  • ソリューション
ページトップへ

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3288-5900 受付時間 平日9:00~17:00

Webからの資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら